看護師の経験を駆使し活躍できる職種についてのご紹介です。

看護の明日を考える。看護師サポーターのサイト

製薬に関わるナース

治験コーディネーター(CRC)

CRC(治験コーディネーター)とは、病院などを訪問し正しく治験が行われるよう調整を行う人を指します。看護師のほかにも、薬剤師・保健師・臨床検査技師からCRCを目指す方もいますが、最も多いのは看護師からの転職です。
新しい薬を世の中に浸透させるために重要な治験。薬の効果・安全性・副作用などを調べるうえで、治験は絶対にかかせません。そこでなくてはならないのがCRCの存在です。治験を担当する医師のサポートや、治験に参加する患者さまのケアを行います。また、スケジュール管理・資料作成・説明会実施など任される仕事はさまざま。病院勤務時代に比べれば、全く異なる業務内容になります。魅力的なポイントは、残業は少なく夜勤がないこと。土日も休みの場合が多いので、プライベートや家庭の時間を大切にしながら働くことができます。魅力的な勤務条件で、看護師として新たな分野にチャレンジしたい方にオススメのお仕事です。

臨床開発モニター(CRA)

一般企業で働く方法の一つとして、CRA(臨床開発モニター)という道もあります。CRAのお仕事内容は、製薬会社で治験の計画が立てられたのち、治験を実施できる医療機関を調査。実施機関を選定します。医療機関との治験契約業務を行い、治験担当医師を選出します。その後、プロトコル(治験実施計画書)を作成し、治験が正しく実施されているかモニタリング。最後に実験データを集計し報告書を作成します。CRC(治験コーディネーター)に比べ、治験の全体を仕切るようなお仕事です。CRCと同じように、土日祝日はお休みの可能性が高く、夜勤はほとんどありません。病院とはまた違った経験を積むことができます。製薬メーカーのスタッフを始め、CRC・医師などいろいろなスタッフと関わりながらお仕事できるのも、CRAの魅力といえるでしょう。

クリニカルコーディネーター(CC)

CC(クリニカルコーディネーター)も、最近病院勤務の看護師さんからの転職が多い職種の一つです。CCとは、医療機器メーカーまたは製薬メーカーに勤め、自社製品をPRする人のことを指します。営業活動を行う先は、病院やクリニックなどの医療機関です。現場のムードやシステムをよく理解している看護師に適しているため、人気を集めています。実際にPRするのはメーカーの営業マンです。CCの役割は、その営業マンとタッグを組んで販売をサポートするというポジションなので、「営業職は苦手」という看護師さんでも心配ありません。外資系企業に所属できるチャンスもあるため、得意な英語や薬理学を活かしたいとお考えの看護師さんに最適のお仕事です。
会社員と同じようにGW・お盆・年末年始など、カレンダー通りのお休みを取ることができます。さらに過剰な残業もほとんどありません。CCは無理なく家庭との両立が叶う職業なのです。

おすすめ記事ピックアップ

面接必勝法!

面接必勝法!

行きたい医療機関が見つかったら、次の問題は面接です。
面接時のアピールの仕方や転職する前に身につけておきたいことをまとめています!面接には十分な準備が必要です。
転職する前に確認して、「面接必勝!」を目指しましょう。

一般企業で働く

一般企業で働く

看護師さんの転職先として人気のある一般企業。人気の秘密は、ゆとりある勤務体制。病院のようなバタバタした忙しさはなく、過度な残業もありません。さらに夜勤もなく、企業によってはカレンダー通りの規則的なお休みを取ることができます。病院勤務のときには考えられなかった看護生活が待っているかも・・・

サイト紹介

「病院勤務に疲れたけど、看護師は続けたい!」そんなお悩みをもつ看護師さんの応援サイトです。企業看護師について、アレコレご紹介してます!

■□サイト管理者の自己紹介■□
コンサルタントとして、看護師さんをサポートした実績あり!多くにお悩みに耳を傾けてきました。