免許を活かしてさまざまなステージで活躍することのできる看護師。普段どんな場所で働いているのかご紹介します!

看護の明日を考える。看護師サポーターのサイト
看護の明日を考える。看護師サポーターのサイト

多岐に渡る看護師活躍の場!

看護師=病院のイメージはもう古い?
看護師の免許一つで、お仕事できる場所は数多くあります。あなたの活躍の場を広げるチャンス!
病院・介護施設・治験コーディネーターなど、知っている方も知らない方もまずは看護師さんがどこで働いているのかみてみましょう!

看護師さんはどんな場所で働いている?

医療・福祉施設で働く

医療・福祉施設で働く

看護師の活躍場として、イメージしやすいのが病院・クリニック・診療所などの医療機関でしょう。
有名なドラマの撮影場所としても多く取り上げられてきたため、看護師=病院と考える方が多いようです。医療機関では、看護師として必要となる基礎的なスキルや経験を積むことが可能です。看護師学校を卒業した新人看護師のほとんどは、医療機関への就職を希望してます。医療機関の次に人気があるのが、福祉施設です。体が不自由で通院が困難な患者さまの、ご自宅へ向かいケアをする訪問看護ステーション。介護が必要な利用者さまの健康管理を行う老人ホーム。高齢化社会の今、これらの福祉施設はニーズが高くなっているため求人がなくて困るという心配はありません。
医療施設も福祉施設においても、看護師は引く手あまたの職業なのです。

公的機関で働く

公的機関で働く

看護師さんが活躍する場所は、医療機関だけにとどまりません。
病院以外のどんなところでお仕事しているのでしょう?答えは公立の学校や保育園、保健所などの公的機関です。小学校・中学・高校などの学校で、誰もが一度はお世話になったことがある「保健室の先生」。先生といっても、教員免許が絶対必要というわけではなく、看護師免許だけでも働くことができます。また、保育園でもお仕事が可能です。学校や保育園では、過剰な残業や夜勤をすることはありません。病院とは異なり規則的な勤務時間になるので、家庭と仕事の両立が可能です。子ども好きの看護師さんにはうれしい環境となるでしょう。保健所では、幅広い年代の方の健康診断や病気の予防などをサポートしています。学校・保育園同様、規則的なお休みがもらえる上に公務員扱いなので給与は高め。
病院とは違い、直接的な医療行為を行うよりも健康づくりのサポートを行うのが公的機関の特長です。

一般企業で働く

一般企業で働く

今や色々なステージで活躍することができる看護師。病院とはまた違った経験を積みたい方にピッタリなのが、一般企業で働くことです。あなたは企業看護師という言葉をご存知ですか?企業看護師とは、企業の医務室にて従業員の健康管理を行うことです。ストレス社会の今、ストレスを感じずに仕事をしている人は少ないもの。企業看護師は、心と体両方を支える時代に沿った職業なのです。また、最近注目を浴びているのが製薬メーカーに勤める治験コーディネーターや臨床開発モニターの存在。看護師としての経験を活かし、新薬開発に携わります。他にもコンサートなどのイベント時にケガや病気の応急処置を行う、イベントナースという働き方もあります。勤務条件は企業と同じです。土日祝日に休める可能性がある上、夜勤はほとんどありません。ワークライフバランスを重視した働き方ができるところが、一般企業に勤めるメリットです。

おすすめ記事ピックアップ

面接必勝法!

面接必勝法!

行きたい医療機関が見つかったら、次の問題は面接です。
面接時のアピールの仕方や転職する前に身につけておきたいことをまとめています!面接には十分な準備が必要です。
転職する前に確認して、「面接必勝!」を目指しましょう。

一般企業で働く

一般企業で働く

看護師さんの転職先として人気のある一般企業。人気の秘密は、ゆとりある勤務体制。病院のようなバタバタした忙しさはなく、過度な残業もありません。さらに夜勤もなく、企業によってはカレンダー通りの規則的なお休みを取ることができます。病院勤務のときには考えられなかった看護生活が待っているかも・・・

サイト紹介

「病院勤務に疲れたけど、看護師は続けたい!」そんなお悩みをもつ看護師さんの応援サイトです。企業看護師について、アレコレご紹介してます!

■□サイト管理者の自己紹介■□
コンサルタントとして、看護師さんをサポートした実績あり!多くにお悩みに耳を傾けてきました。